乾癬患者さんとともに疾患啓発活動に取り組んでいます。

乾癬(かんせん)とは、慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約10万人の患者がいると考えられています。
乾癬の皮疹では皮膚に炎症が起きて赤くなり、皮膚の新陳代謝が異常になることで盛り上がり、表面に銀白色の鱗屑(りんせつ)が現れ、それがフケのようにはがれ落ちるようになります。頭皮や爪など人目に付く部分に症状が現れやすく、関節の腫れや痛みを伴うこともあり、しばしばQOL(生活の質)に大きな影響を及ぼすことが知られています。

Under the Spotlight

Under the Spotlightは、乾癬が患者さんの生活に及ぼす影響と、時間の経過によりどのように負担が蓄積されるのかを撮影した独自のプログラムです。

国際乾癬患者団体連合(IFPA)と加盟団体によって制作され、世界各地からの勇敢な「スポットライター(取材を受ける乾癬患者さん)」が撮影されることに 同意し、乾癬が生活のあらゆる側面に及ぼす影響を明らかにし、この病気の認知を上げること、そして多くの人たちと体験を共有することを目指しています。
このプログラムの日本での実施をアッヴィは支援しています。

国際乾癬患者団体連合(IFPA)
Under the Spotlightページはこちらから