Skip to main content

笑顔のメモリー

アッヴィ “Patient Centricity” ストーリー

Patient Centricity - アッヴィには、患者さんを理解し、患者さんの気持ちになって考える文化が根付いています。社員は皆、患者さんに笑顔になっていただくことを願って、日々、業務に励んでいます。

医療従事者の皆さんと共に、困難な状況を乗り越え、患者さんの笑顔につなげようと奮闘した社員たちの、忘れられない体験や思いを集めました。

毎月発行「笑顔のメモリー」。今回は第7話をお届けします。

「笑顔のメモリー」 第7話を追加しました。
小冊子(1~7話)はダウンロードしていただけます。

笑顔のメモリー(PDF) opens in a new window

十年越しの桜

患者さんはいつも目の前に

患者さんを救う輪が広がる

病気を抱えるお子さんと家族の“はじめての運動会”

患者さんの一番の苦しみ

“希望の種”が実を結ぶ

一人でも多くの患者さんにこの治療を届ける