精神・神経疾患

パーキンソン病では、静止時振戦(せいしじしんせん)、無動、筋固縮(きんこしゅく)、姿勢反射障害の特徴的な運動症状とそのほかにもさまざまな非運動症状がみられます。
詳細はこちら

うつ病は脳の機能障害が起きている状態で、眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。
参考:厚生労働省 知ることから始めようみんなのメンタルヘルスhttps://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

強迫症は、強迫行為(手を繰り返し洗う、鍵を閉めなかったなどと心配し頻繁に確認するなど)や強迫観念(その内容が「不合理」だとわかっていても頭から追い払うことができない考え)に特徴づけられる精神疾患です。

参考:厚生労働省 知ることから始めようみんなのメンタルヘルスhttps://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_compel.html

人に注目されることや人前で恥ずかしい思いをすることが怖くなって、人と話すことだけでなく、人が多くいる場所(電車やバス、繁華街など)に、強い苦痛を感じる病気です

参考:厚生労働省 こころもメンテしようhttps://www.mhlw.go.jp/kokoro/youth/stress/know/know_02.html