Skip to main content

あなたと一緒に、C型肝炎のない世界を。

アッヴィは、世界保健機関(WHO)が掲げる肝炎撲滅の実現に向け、C型肝炎の患者さんが早期に診断と適切な治療を受けることで肝硬変、肝臓がんへの進行を抑制できるよう、様々な啓発活動を実施してきました。
これからも、C型肝炎のない世界に向けて、治療にかかわるすべての方が連携して診断と治療を促進していけるよう、貢献してまいります。

あなたと一緒に、C型肝炎のない世界を

WHOは2030年までにウイルス性肝炎を撲滅するというコメントを表明しており、アッヴィはその取り組みに賛同しています。

C型肝炎検査を受けましょう

検査を受け、C型肝炎と診断されたら治療を続けることで、C型肝炎のない世界が実現可能となります。

肝がんの65%はC型肝炎が原因

C型肝炎に感染すると約70%の割合で慢性肝炎に移行するいうデータがあります1
治療せずに放置していると、自覚症状がなくても数十年かけて「肝硬変」や、「肝がん」へ進行することがあります2
日本の肝がんの原因の65%がC型肝炎と言われています3

  1. 日本肝臓学会 肝炎診療ガイドライン作成委員会編:C型肝炎治療ガイドライン(第8版), 2020年7月,p1
    https://www.jsh.or.jp/medical/guidelines/jsh_guidlines/hepatitis_c(参照月:2020年12月)
  2. 熊田博光編:インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肝炎ウイルス-B型・C型(第1版).医薬ジャーナル社,P71,2012
  3. 日本肝臓学会:肝がん白書 平成27年度 P9

アッヴィのC型肝炎撲滅に向けた主な取り組み

日本でのC型肝炎撲滅を推進するため、アッヴィは企業や業界の枠組みを越えて、また地方自治体、医療関係者の皆さまとも連携し、様々な活動に取組んでいます。

  • アッヴィ、広島県・国立大学法人広島大学と、肝炎対策の推進に係る連携に関する協定を締結
  • 企業や業界の枠組みを越えて、肝炎撲滅を目指す「肝炎撲滅プロジェクト」に参加
  • 国の取り組みである「知って、肝炎プロジェクト」に参加
  • C型肝炎のリスクやC型肝炎ウイルス検査と早期治療の重要性を啓発する動画を作成し、アッヴィのYouTube他、ソーシャルメディアを通じて配信
  • 撲滅に向けた一歩であるマイクロエリミネーションを社内から実施するため、全社員と扶養家族を対象にC型肝炎ウイルス検査の費用を補助