アッヴィ、サービスが十分に行き届いていない黒人コミュニティにおける健康と教育の公平を促進するため、5,000万ドルプログラムのパートナーを発表

2020年12月15日

アッヴィ米国本社は12月9日、5,000万ドルを投じ、6つのNPOを通じ5カ年プログラムにより、サービスが十分に行き届いていない黒人コミュニティにおける健康と教育に関する支援を行うことを発表しました。

アッヴィの会長兼CEOであるリチャード・A・ゴンザレスは、次のように述べています。「民間セクターには、我が国に根強く存在する人種間の格差の問題解決に取り組む責任があります。全国規模および地域に根差した非営利団体と協働で取り組む重要な仕事への投資が、即効力のある機会の提供につながり、有意義で持続的な変化を促進させると信じています」

健康と教育の公平を支援し、機会を促進することは、アッヴィがこれまで継続して行ってきたフィランソロピー活動の不可欠な部分です。2013年に設立されて以来、アッヴィはサービスが十分に行き届いていない様々なコミュニティに1億2,000万ドル以上を寄付し、今年の6月には、
NAACP Legal Defense and Education FundとEqual Justice Initiativeに対し、500万ドルの追加寄付を発表しました。

人種の平等に向け5,000万ドルを投じる5カ年プログラム

パートナーとなるNPO

  • University of Chicago Medicine's Urban Health Initiative
  • Direct Relief
  • UNCF Healthcare Diversity Workforce Program
  • Year Up
  • Providence St. Mel School (PSM)
  • National Urban League's Project Ready Mentor

1.  ブラック・アメリカンおよび歴史的にサービスが十分に行き届いていない人々の健康の公平を促進

・University of Chicago Medicine's Urban Health Initiative へ800万ドル。
黒人が居住者の77%を占めるシカゴのサウスサイドのコミュニティで健康の公平を推進するため支援を行います。この支援により、コミュニティヘルスワーカーのチームは、健康格差の縮小が実証されているケアと資源へのアクセスを推進できるようになります。

・Direct Reliefへ1,000万ドル。
無料のヘルスケアサービスの改善、慈善クリニックと連邦政府認定保健センター(FQHC)を支援します。これにより、全米でサービスが十分に行き届いていない黒人コミュニティのケアを改善する「Fund for Health Equity(健康の公平のための基金)」が設立されます。

2.  ブラック・アメリカンを対象とした労働力開発の機会を促進

・UNCF Healthcare Diversity Workforce Programへ1,000万ドル。
これは、医療職での昇進をはばむ障壁を減らし、ヘルスケアの分野で様々な職業の黒人の専門家の数を増やすためにシード期の資金として提供されます。ヘルスケアの仕事に興味はあるが、高校卒業後の進路にそのような機会がないかもしれない学生に奨学金、学術・キャリア開発の支援を行います。

YearUpへ1,000万ドル。
600人以上の若年成人(18〜26歳)向けのトレーニングおよびインターンシッププログラムを支援します。これにより、業界の需要に合致したテクニカルスキルのトレーニングの実施が可能となります。

3.  歴史的に十分なサービスが行き届いていない青少年および若年成人へ教育機会を拡大

・ Providence St. Mel School (PSM)へ150万ドル。
経済的ニーズと学術的な可能性に基づいて、シカゴのサウスウェストサイドに住む高校生の奨学金の資金を提供します。主に黒人の生徒が在籍するこの私立高校の大学アクセプタンス率は、1978年以来100%です。

National Urban League's Project Ready Mentorへ700万ドル。
ブラック・アメリカンおよび歴史的に十分なサービスが行き届いていない若者(11〜18歳)のメンターシッププログラムを支援します。これにより、高校卒業後の成功に向け、新しく3都市でメンターシップが提供され、11の都市では既存のプログラムが拡大されます。

4. 3対1のマッチング寄付で、人種の平等や社会正義に取り組む組織の支援を社員と共に

・ 350万ドルをリザーブ。
今回の発表の一環として、アッヴィは人種間の公平に向けて、公民権に関連するNPOへ、従業員マッチング寄付プログラムを拡大し、3ドル対1ドルのマッチング寄付を行います。

 

[アッヴィ米国本社が発信したプレスリリースを基に抄訳でご紹介しています]