日本の開発パイプライン

グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィは、最先端の科学技術と専門知識、そして熱意を持って、困難な健康上の問題の解決を目指しています。取り組んでいる疾患領域は、自己免疫疾患、がん、C型慢性肝炎などのウイルス感染症、ニューロサイエンスです。

日本の開発パイプライン

     
免疫疾患
Immunology
申請中

アダリムマブ(ヒュミラ®) 
化膿性汗腺炎

リサンキズマブ 
尋常性乾癬
関節症性乾癬
膿疱性乾癬
乾癬性紅皮症

第III相試験

アダリムマブ(ヒュミラ®) 
潰瘍性大腸炎(高用量)
潰瘍性大腸炎(小児)
壊疽性膿皮症

ウパダシチニブ 
関節リウマチ
潰瘍性大腸炎(Ph2/3)
関節症性乾癬
軸性脊椎関節炎(Ph2/3)
クローン病
アトピー性皮膚炎

リサンキズマブ 
クローン病
潰瘍性大腸炎(Ph2/3)

ウイルス
Virology
申請中 グレカプレビル / ピブレンタスビル(マヴィレット®) 
小児C型慢性肝炎
がん
Oncology
申請中 ベネトクラクス
再発/難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)
第III相試験

ベリパリブ
非小細胞肺がん(NSCLC)
卵巣がん

ベネトクラクス
多発性骨髄腫
急性骨髄性白血病

Rovalpituzumab tesirine 
小細胞肺がん(SCLC)

第II相試験

デパツキシズマブ マホドチン (ABT-414(Ph1/2))
悪性神経膠腫

ABBV-399(Ph2)(Telisotuzumab vedotin) 
非小細胞肺がん

第I相試験

ABBV-621
固形がん/血液がん

ABBV-181
固形がん

神経疾患
Neuroscience
第II相試験 ABBV-8E12 
進行性核上性麻痺

2018年11月30日更新