アッヴィ健康経営宣言

私たちは、2025年までにベストカンパニーになるという目標を掲げ、2021年から2025年までの新5カ年計画 − “Road to the Best” をスタートしました。
Road to the Bestの3つの柱、「働きがいの追求」、「ビジネスの成功」、「社会とのつながり」は、私たちがベストカンパニーになるために最優先で取り組んでいく戦略的施策です。
これら3つの柱に取り組んでいくうえで、もっとも基本的、かつ大切なのは、私たち社員が健康である、ということです。
私たち一人一人が、心身ともに健康で、安心安全な職場環境で働けるからこそ、働きがいを感じてチャレンジし、患者さんの笑顔に貢献し、広く社会や環境に関わる課題に取り組むことができます。
アッヴィでは、社員一人一人が主体的に健康保持・増進に取り組めるよう、経営陣、人事、そして健康保険組合が一体となって、様々な取り組みを行っていきます。そして、2025年に向けて、私たちは、ベストカンパニーを目指します。

アッヴィ合同会社 社長 ジェームス・フェリシアーノ

具体的な取り組み内容

  1. C型肝炎ウイルス検査費用補助
    日本は先進国の中でもC型肝炎の罹患率が最も高い国の一つですが、肝炎になっても自覚症状を感じにくいため、感染していることに気づかない、あるいは感染を知っていても放置したまま治療を受けないケースが多いという問題があります。アッヴィジャパンでは、C型肝炎撲滅を推進するために、自社の社員および扶養家族を対象に、健康診断受診時のオプション検査として「肝炎ウイルス検査(C型)」の費用について補助を行っています。

  2. AbbVie Vitality - AbbVie in Motion
    アッヴィでは全世界でWell-beingの取り組みをAbbVie Vitalityという総称で積極的に進めていますが、取り組みの一つとして身体の健康促進を目的としたAbbVie in Motionプログラムを毎年実施しています。これは社員同士がチームを組み、プログラム期間中の運動時間数をチーム間で競い合うもので、社員同士のつながりを強化する役割も果たしています。

  3. 産業医によるレジリエンス、ストレスマネジメントに関する講演の開催やビデオ公開
    アッヴィジャパンではかねてより、様々な変化に柔軟に対応する意識づくりのコツやノウハウの提供を社員向けに講演やビデオ公開の形で実施しています。
    この取り組みは、特に昨今のコロナ禍の環境において、リモートワークで就業する際の孤立感やストレスマネジメントが社会的な話題となっている中、従業員の適切なセルフマネジメントにも役立っています。