新型コロナウイルス感染者
に関するお知らせ

2020年7月31日

7月29日(水)、弊社東京本社(港区芝浦)に勤務している従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

当該従業員は、7月28日に医療機関を通してPCR検査を実施したところ、新型コロナウイルス陽性と確認されました。なお当該従業員は、無症状ではあるものの、所管保健所の指示により現在、入院先で療養を行っています。所管保健所により当該社員の行動履歴が確認された結果、濃厚接触者の該当者はいないことが確認されました。

弊社はこの状況を受け、本社の利用を禁止し、本社で勤務する全従業員を7月29日~30日まで在宅勤務させ、その間に弊社が入居しているビルの関連箇所の消毒を行いました。

弊社では、新型コロナウイルス感染拡大前から、働き方改革の一環として、「いつでもどこでもワーク」など、従業員がその日の業務内容やライフ・ワークバランスに応じて、一人一人が柔軟に働き方を選択できる制度を導入していました。これまでの数カ月間において、非常事態宣言および移行期間を経て、既存の制度に加え、様々な感染予防対策を実施してきました。8月1日からは「ウィズ・コロナ(With COVID-19)」として、マスク着用の徹底、手洗いや消毒の徹底、3密の回避や次のような感染予防対策が組み込まれた環境で業務を継続していきます。

ウィズ・コロナの概要

国外の出張を禁止し、国内はなるべく避け、必要がある場合には上長の承認を必要とします。オフィスの利用は、田町本社および全国のセールスオフィスにおいて、在籍人数の4分の1まで出社制限し、2mの距離を確保して業務を行うこととしています。社内ミーティングは対面を避け、対面で行う必要がある場合には、収容可能人数の半分以下の人数で実施することとしており、50名以上の集会においては本部長クラスのマネジメントの承認の下、実施が可能です。社外イベントは、政府、地方自治体のガイドラインに従い、ステークホルダーとの合意の下、行うこととしています。

今後も、状況が刻々と変わる中、状況を鑑み措置の変更を行っていきます。アッヴィは、感染予防・拡大防止の対策を継続して行い、社員、患者さん、医療従事者、広く社会の皆さまの健康を守るよう努めてまいります。

以上