自己免疫疾患 アートプロジェクト

「第3回 PERSPECTIVES」作品募集を開始

アッヴィ合同会社は、自己免疫疾患の患者さんを対象としたアートプロジェクト「第3回 PERSPECTIVES」への作品を募集しています。

募集期間は、2020年6月1日より同年11月30日までです。

自己免疫疾患 アートプロジェクトについて

自己免疫疾患の患者さんが、疾患と向き合いながらもご自身のPERSPECTIVES(視点、考え方、物の捉え方という意味)を通じて心とカラダ、症状の改善などから見出した日々の喜び、希望や目標などの疾患体験を表現していただくアートプロジェクトです。患者さんの創作活動から生まれた作品を通して、より多くの方に疾患について知っていただくきっかけを作り、患者さんへの理解につなげることを目的としています。

自己免疫疾患アートプロジェクト「第3回 PERSPECTIVES」

≪募集概要≫

募集内容

「テーマ:疾患と生きる。私の新たな可能性」に基づき、自己免疫疾患と向き合いながらも、患者さんご自身のPERSPECTIVES(視点、考え方、物の捉え方という意味)で捉えた心とカラダ、症状の改善などから見出した日々の喜び、新たな目標や希望などを自由に表現した作品と、作品の説明やエピソード(400字以内)

応募資格

  • 自己免疫疾患群(関節リウマチ・若年性特発性関節炎・強直性脊椎炎・尋常性乾癬・関節症性乾癬・クローン病・潰瘍性大腸炎・腸管型ベーチェット病など)の疾患をもつ患者さん
  • 日本在住の方
  • 応募された作品が、テレビや各種媒体でしょうかいされることにご同意いただける方
  • 応募規約に同意いただける方

※未成年の方は保護者の凌霜を得てからご応募ください。募集内容
※製薬会社社員本人またはご家族の方のご参加はご遠慮ください。

応募期間

2020年6月1日(月)~2020年11月30日(月)消印有効

評価基準

作品の表現力、オリジナリティ、メッセージ性、エピソードの内容などの観点から審査します。

審査委員

社会福祉法人聖母会 聖母病院 皮膚科 部長 小林 里実

北里大学北里研究所病院  炎症性腸疾患先進治療センター センター長

日比 紀文

医療法人財団順和会 山王メディカルセンター 院長

山中 寿
NPO法人東京乾癬の会P-PAT 理事 木戸 薫

サルコイドーシス友の会 会長

佐藤 公昭
ベーチェット病友の会 多田 加代子
公益社団法人日本リウマチ友の会 会長 長谷川 三枝子
NPO法人IBDネットワーク 理事 秀島 晴美
若年性特発性関節炎親の会 あすなろ会 事務局担当理事 牧 美幸
日本AS(強直性脊椎炎)友の会 副会長 山下  昭治
美術家 佐久間 あすか