アッヴィについて

アッヴィについて

アッヴィは、米国に本社を置く、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業です。

世界で最も困難な健康問題に対する先進的な治療法の研究開発に取り組んでいます。そして、疾患の治療だけにとどまらず、人々の生活に価値をもたらすことを目指しています。

アッヴィは、130年の歴史を持つヘルケアカンパニーであるアボット ラボラトリーズ社の分社化により、2013年に新しいバイオ医薬品企業として誕生しました。日本においても同年、アッヴィ合同会社として事業を開始しました。

アッヴィはグローバルで、「卓越した実行力と絶え間ない革新的な新薬によって、最高のパフォーマンスを持続的に達成することができる、患者さん中心のイノベーション志向なスペシャルティバイオ医薬品企業となること」というミッションを掲げています。そして、革新的な医薬品の創出と人々の生活に価値をもたらすための戦略の下、患者さんや医療従事者にベネフィットを提供できる、差別化された製品をもたらすため、世界で社員が一丸となって取り組みを行っています。

現在、世界75カ国以上で約29,000人の社員がアッヴィで働いており、そのうちの約1,050人が日本で働いています。患者さんの笑顔に貢献し続けるために、私たちは日々、熱意をもって仕事に取り組んでいます。

 

 

患者さん

より多くの方々の生活に価値をもたらす

私たちは「ペイシェントジャーニー(患者さんの治療の旅)」を理解するために、同業者、学者、臨床の専門家・医師、政府およびアドボカシー団体と協働しています。それが刺激となり、真に患者さんのお役に立てる新しいソリューションを生み出すことにつながります。

サイエンス

世界で最も困難な課題に新たな治療法を見出す

研究とイノベーションがアッヴィのビジネスの柱です。私たちは、積極的かつ協調的なアプローチを通して、最先端の科学を推進し、世界で最も困難な疾患の新たな治療法を見出します。自己免疫疾患、がん、ニューロサイエンス、C型慢性肝炎などウイルス感染症など、私たちが高度の専門性を有し価値をもたらすことが可能な治療領域において、医薬品の研究開発を行い、患者さんに医薬品をお届けします。
 

パートナーシップ

共に新しい解決策を追求する

アッヴィは、世界で最も大きな健康上のニーズに対して新しい解決法を求めて、同業者、大学、臨床の専門家、政府およびアドボカシー団体と協働しています。共に検討し、資源を活用し、患者さんのためにより良い解決策を見出すために最善を尽くします。

企業責任

熱意と責任をもって取り組む

アッヴィでは、「何をするか」と同じぐらい「どうやるか」を大事にしています。医薬品の提供にとどまらず、医療の向上や地域社会への貢献のために、あらゆる資源を活用します。

 

私たちの約束

医療効果の向上|私たちは、未だ満たされていないニーズに取り組み、医療へのアクセス向上を目指します。

責任ある事業活動|私たちは、責任ある事業活動を企業責任の基礎とし、持続可能な企業として、高い倫理性・透明性・包摂性を持った企業文化を培っていきます。

地域社会への貢献|私たちは、地域社会とともに、まだ十分なケアがなされていないさまざまな課題に積極的に取り組んでいきます。

企業文化

革新や発見を育む

アッヴィは、世界のどのコミュニティーにおいても、ダイバーシティ&インクルージョン文化を大切にする組織です。アッヴィで働くことは、単に仕事をするためでなく、世界中の人々がより良い生活をするために尽くすこと。患者さんの幸せをかなえるという高い目標に近づくために、知恵をしぼり全力でまい進します。