日本 - 日本語
各国のアッヴィサイトへ

アッヴィの歴史

アッヴィは、医薬品業界の先駆者である米国アボットラボラトリーズ社から分社独立し、深刻な健康上の課題に取り組むグローバルなバイオ医薬品企業として誕生しました。

●アボットラボラトリーズ ●アボット ジャパン株式会社
1888年 Dr. Wallace C. Abbott がイリノイ州シカゴの自宅で顆粒剤の生産を始める
1900年 Abbott Alkaloidal Company 設立
1915年 Abbott Laboratories に社名変更
1936年 麻酔薬「ペントタールTM」が開発され、麻酔を大きく進歩させる
1985年 世界初のHIV検査試薬製造販売承認を米国食品医薬品局(FDA)より取得
1995年 吸入麻酔剤「Ultane」(日本での製品名「セボフレン®」)発売
2000年 抗HIV薬(HIVプロテアーゼ阻害薬)「カレトラ®」発売
2001年 BASF Pharma/Knoll AGを買収
(併せて、北陸製薬(株)の株式を66.7%取得)
遺伝子分野のリーディングカンパニーVysis, Inc.を買収
2002年 抗TNF-α薬「ヒュミラ®」の承認をFDAより取得
2007年 「ヒュミラ®」およびその他の生物学的製剤の生産拠点をプエルトリコに設立
2010年 Solvay医薬品事業部門を買収
1962年 (株)ダイナボットRI研究所設立松戸工場建設・放射性医薬品製造開始
1964年 日本アボット(株)設立
1977年 アボット(株)設立
1983年 (株)ダイナボットRI研究所・日本アボット(株)・アボット(株)の3社が合併し、ダイナボット(株)設立
1990年 吸入麻酔剤「セボフレン®」発売
1997年 抗HIV薬「ノービア®」発売
2000年 抗HIV薬「カレトラ®」発売
2002年 抗RSウイルス薬「シナジス®」発売
2003年 ダイナボット(株)と北陸製薬(株)が合併し、アボット ジャパン(株)設立
2008年 医薬品事業部本社を東京都港区に移転。抗TNF-α薬「ヒュミラ®」発売
2011年 アボット製薬(株)(旧ソルベイ製薬(株))と合併




2013年 アボットラボラトリーズ 医薬品事業部の新薬部門が、AbbVie Inc.として分社独立し、日本においてはアッヴィ合同会社として本格的に事業を開始
2015年 C型肝炎治療薬「ヴィキラックス®」発売

 

 

file

注意事項 必ずお読みください

ここでは、医療関係者の方々を対象として、アッヴィ合同会社の製品(医療用医薬品等)を適正にご使用いただくために情報を提供しています。 ここで提供している情報は、患者様・一般の方々に対する情報提供を目的としたものではありません。 医療用医薬品は、患者様独自の判断で服用(使用)を中止したり用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医療用医薬品に関して疑問を持った場合には、治療に当たられている医師・歯科医師または調剤した薬剤師の方々に必ずご相談ください。 記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療用医薬品、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。 もし日本以外の地域にお住まいの場合は、居住されている国のAbbVieサイトをご確認いただくか、AbbVieの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。
ご覧になられているAbbvieサイトは、ご使用になられているスクリーンサイズで適切に表示できないことがあります。
あなたは医療関係者ですか?

退出する abbvie.co.jp

あなたが、ご覧になられるAbbVieインターネットサイトは、特定の国や国々に居住されている方々向けに作成されています。その為、本サイトでは 一部の医薬品、製品、製品の使用法において、その他の国で承認されていない内容が含まれることがあります。もし、居住されている国が、本サイトの対象と なっている特定の国でない場合は、お手数ですが正しい製品情報等、居住国のAbbVieまでお問い合わせください。

ご覧になられているAbbvieのインターネットサイトは、ご使用になられている言語と違う言語で表示されている可能性があります。

ご覧になられているAbbVieのインターネットサイトは、ご使用になられているスクリーンサイズで表示できないことがあります。

このまま、AbbVieのサイトをご覧になられますか。

終了 abbvie.co.jp

注意

”はい”を押されましたら、Abbvieのサイトから移動します。

Abbvieの世界サイトから移動するリンク先 は、Abbvieの管理下にありません。その為、それらリンク先の内容及び、リンク先サイトからのさらなるリンクに関しての責任を有しません。 Abbvieは、それらリンクの掲載を皆様の利便性の提供のために行っているものであり、これらリンク先をAbbvieとして保証するものではありませ ん。

ご覧になられているインターネットサイトは、ご使用になられているスクリーンサイズで表示できないことがあります。

本サイトから移動しますか。

利用規約 abbvie.co.jp

ご利用に際しては、下記規約への同意が必要となります。
内容をご確認の上、「同意する」をクリックしてください。

1. 目的
私 達は、当社の活動において医療機関等との関わりは患者様に価値をもたらすと信じており、金銭等が提供される場合には特にその透明性を確保することが重要と 考えています。その為、日本製薬工業協会の透明性ガイドラインに基づき医療機関等との関わりを開示することにより、当社の企業活動が誠実に、及び高い倫理 性を担保した上で行われていることを示すことを目的としています。

2. 禁止行為
本サイトの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
• 提供情報の一部又は全部を加工、複製、複写、転写、送信、転載、配布、頒布等の行為。
• 医療機関及び医療担当者等又は当社の財産、信用、名誉もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
• 医療機関及び医療担当者等もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。
• 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
• 法令に違反する、または違反のおそれのある行為。

3. プライバシー及び個人情報
当社のプライバシーポリシーに従って適切に取扱います。

4. その他
• 提供している情報は、掲載後に変更が生じることがありますので、予めご了承ください。
• 本サイト及び情報等の利用によって発生する直接または間接の損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません。