Skip to main content

自己免疫疾患の疾患啓発活動

アッヴィ 自己免疫疾患 アートプロジェクト

自己免疫疾患とは、関節リウマチ・若年性特発性関節炎・強直性脊椎炎・尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・クローン病・潰瘍性大腸炎・腸管型ベーチェット病などの進行性かつ身体機能に負担・制限がかかる病気で、心にも体にも大きな影響を及ぼすと考えられます。多くの患者さんが、疾患による痛みや自分の気持ちを伝えることに難しさを感じていることから、本プロジェクトは患者さんの疾患体験をさまざまなアートで表現していただくことにより、たくさんの方に疾患について知ってもらうきっかけを作り、患者さんへの理解につなげることを目的に実施します。本プロジェクトには、医師やベーチェット病友の会、日本AS(強直性脊椎炎)友の会、認定NPO法人東京乾癬の会 P-PAT、サルコイドーシス友の会、公益社団法人日本リウマチ友の会、若年性特発性関節炎親の会  あすなろ会、NPO法人IBDネットワークの代表者の方々、また美術家が審査委員として参加されます。

自己免疫疾患アートプロジェクト(2020)

 

乾癬の疾患啓発活動

乾癬とは
乾癬は、皮膚が赤く盛り上がり、表面に銀白色のかさかさした皮膚がくっつき、ふけのように剥がれ落ちます。この皮膚の症状は、頭、肘、膝、お尻などこすれやすい場所や刺激を受けやすい場所によくみられ、全身に発疹が出ることもあります。また、強いかゆみを感じるなど、患者さんの日常生活に支障をきたすことがあります。

乾癬啓発の取り組み
アッヴィは、乾癬および乾癬患者さんへの理解を深めていただくことを目的に、2018年から3年にわたり3つの乾癬啓発活動に取り組んできました。広く社会に向けて乾癬について知っていただく機会の創出に加えて、乾癬患者さんをサポートするため、乾癬患者さんの応援ソング制作、ダンスコンテストの開催、患者さんの夢実現と幅広い活動を実施しました。

各取り組みの概要に加えて、乾癬についての解説や乾癬患者さんのエピソードをまとめた「晴れゆく道~乾癬啓発活動報告~」は、こちらからご覧いただけます。

opens in a new window (ダウンロードしていただけます)

1. 乾癬患者さん応援ソング 「晴れゆく道」制作

2018年には、乾癬患者さん応援ソング制作プロジェクトとして、全国の乾癬患者さんから集まった計84件の「夢ツイート(乾癬により忘れかけていた夢)」をもとに、音楽クリエイターでありご自身も乾癬患者さんのひとりであるヒャダイン(前山田 健一)氏が、乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」を作詞作曲しました。
 

2.  「晴れゆく道」ダンスコンテスト開催

2019年には乾癬患者さんを応援することを目的にダンスコンテストを開催し、乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」にあわせて踊ったダンス動画を募集しました。計25件の応募があり、動画の総再生回数は1万回以上に上りました。大賞を受賞した作品はこちらからご覧いただけます。
 

3. 乾癬患者さんの「夢」実現をサポート

2021年には乾癬により叶えることができなかった「夢」を患者さんから募集しました。審査を経て選ばれた「乾癬を題材にしたアニメ動画に、声優として出演したい」という患者さんの「夢」実現をアッヴィがサポートしました。夢の応募者である乾癬患者さん自身を主人公のモデルに、実話をもとにした乾癬啓発アニメ動画を制作しました。さらに、乾癬患者さんが声優として、主人公の女性キャラクターのアフレコを行いました。
同時に、「夢」を実現するまでの瞬間を追った、ドキュメンタリー動画を公開しました。