RSウィルス感染症とは

冬になると毎年かぜが流行します。
かぜの原因となるウイルスには何百という種類がありますが、その中でも最も乳幼児に感染しやすいウイルスがRSウイルスです。

ほとんどのお子さんが2歳までに一度はRSウイルスに感染すると考えられています。聞きなれない名前ではありますが、RSウイルスはじつはとても身近にいて、赤ちゃんの健康をおびやかす存在なのです。RSウイルスは、秋から春までというかなり長い期間にわたり流行が続きます。

大人や年長児がRSウイルスに感染しても、軽い鼻かぜ程度でおさまることがほとんどです。赤ちゃんが感染した場合も、通常は38~39度の発熱や鼻水、せきなど普通のかぜの症状が出て、8~15日くらいで治ります。しかし、なかには細気管支や肺などの下気道と呼ばれる深いところに炎症がおよぶことがあります。

はじめてRSウイルスに感染した乳幼児の25~40%に細気管支炎・肺炎の兆候が見られ、0.5~2%の乳幼児が呼吸困難などにより入院しています。入院が必要となるお子さんの大部分は、生後6ヵ月未満の赤ちゃんです。

残念ながらRSウイルスを退治する薬はなく、症状をやわらげる治療を行います。乳幼児のRSウイルス感染症は、急激に症状が悪くなることがあるので、もしかぜを引いてしまったら早めに小児科を受診するようにしましょう。

RSウイルス感染症を予防するには

RSウイルスからお子さんを守るには予防が最も重要です。日頃から、手洗いや消毒を徹底してください。予防法は以下の通りです。

  • 家族の外出の後や調理・食事の前、鼻をかんだ後などはよく手を洗う。手洗いは石鹸で30秒間指先~指と指の間までしっかりと洗う。
  • RSウイルスが流行する冬の時期は、乳幼児を人ごみへ連れて行かない。
  • 家庭内にかぜをひいている人がいるときは、乳幼児に近づけず、また乳幼児が触れるものをアルコール綿などでこまめに消毒する。
  • かぜをひいている家族は、マスクを着用し、唾液や鼻水が飛び散らないように気をつける。
  • タバコを吸う人に近づけない。また、こどもがタバコの煙を吸わない環境にする。

出典: The Journal for Infection Control Team; Vol.3, No.2, 2008 :180-184

重症化しやすいお子さん

初めて感染した場合は重症化しやすいといわれており、特に生後6ヶ月以下のお子さんがRSウイルスに感染した場合は、細気管支炎、肺炎の兆候が見られ、入院が必要になることもあります。特に予定日よりも早く生まれたお子さん(早産児)、生まれつき呼吸器や心臓に病気をもっているお子さん、あるいは免疫不全を伴うお子さんやダウン症候群のお子さんが感染すると重症化することが多いので注意が必要です。重症化しやすいとされるお子さんに対しては、重症化を抑制する薬があります。医師に相談しましょう。

RSウイルス感染症に関する詳細は、RSV infoよりご覧頂けます。

RSウイルスチェックシート

もしかしてうちの子、RSウイルスかもと思った方は、まずチェックシートで確認しましょう

RSウイルスチェックシートはこちらから ≫

早産児のサポート

早産児の健康を応援するサイト
「スモールベイビー.com」

アッヴィ合同会社が運営する、「スモールベイビー.com」では、早産児に関する基礎知識とともに、早産児特有の健康リスク、予防接種の受けさせ方、重症化のリスクが高いRSウイルス感染症とその予防法など、様々な情報を掲載しています。