その持続する腰痛を見逃さない―強直性脊椎炎とは

強直性脊椎炎は、脊椎の関節が固まり動きが失われていくことを特徴とした疾患です。しかし、強直性脊椎炎自体があまり知られていないため、診断までに年月を要し、その間、異なった病名での治療を受け続けていることも少なくありません。私たちはこのような状況を改善するための取り組みを続けています。

強直性脊椎炎に関する情報提供のページ

その持続する腰痛を見逃さない
強直性脊椎炎の情報発信サイト

国内においては強直性脊椎炎の患者さんは比較的少ないと考えられており、情報もほとんどないのが現状です。このサイトでは診断・治療に関する情報を患者さん向けにまとめ、提供しています。

強直性脊椎炎のセルフチェックシートや、強直性脊椎炎を相談できる全国の医療機関・医師の検索機能も設けています。