Skip to main content

化膿性汗腺炎の早期受診に向けた取り組み

化膿性汗腺炎とは、赤く腫れ上がった痛いおできが繰り返しできる、炎症を伴う慢性の皮膚の病気です。

赤く腫れ上がり、痛いおできが繰り返してでき、炎症を伴う慢性の皮膚の病気が化膿性汗腺炎といわれるものです。わきの下、お尻、あしの付け根、胸の下などによくみられ、20~40歳台の人に発症することが多いことがわかっています1

1. 照井正.皮膚科の臨床. 2018; 60: 353-360
 

放っておくと症状が進行していくことがあります

症状がひどくなると、日常生活や仕事に支障が出たり、気分的に落ち込んでしまうこともあります。身体的な影響だけではなく、下記の例のような生活の質への影響を少なくするためにも、できるだけ早い機会に皮膚科医に相談して、適切な治療を受けることが重要です。

【例】

  • 患部が痛くて、思うように動けない
  • 気分的に落ち込んでしまう
  • 旅行やレジャーに消極的になる
  • 膿による衣類の汚れや臭いが気になる
  • 長時間座っているのが辛く、長時間の会議や遠方への出張が苦痛


病院できちんと診断されるまでに、長い時間がかかってしまうケースも珍しくありません

小さなおできから始まるため、「そのうち治るだろう」と放置してしまったり、病院の先生にわき・胸・お尻などを見せたくないという心理から受診が遅れ、重症化してから受診する患者さんが少なくありません。

また、化膿性汗腺炎は、日本での患者さんの数が比較的少なく、症状の現れ方も患者さんによってさまざまなため、病院で診断されるまでに長い年月がかかってしまうこともあります。

化膿性汗腺炎は、重症化する前に早期の診断・治療が重要となることから、アッヴィは、化膿性汗腺炎を疑う症状に悩む方々の早期受診を推進するため、2021年11月23日に市民公開講座を開催しました。

オンライン形式の市民公開講座を開催

市民公開講座はオンライン形式で実施され、皮膚科 専門医の林 伸和 先生(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 皮膚科部長)から化膿性汗腺炎の症状や治療について解説いただきました。また、化膿性汗腺炎の患者さんがアバターでご出演され、ご自身の体験談をお話しいただきました。

参加された方に向けて、「早く治療を始めたほうが、その後の治療もスムーズに行われます。自然に治ると思って放置したり、自己流で対処せずに、痛くて膿がでるおできが繰り返しできる場合は、早めに皮膚科を受診しましょう」と林先生のメッセージで締めくくりました。

化膿性汗腺炎に関する啓発サイト「繰り返す痛いおでき.com」を通じた情報提供

長い期間、化膿性汗腺炎を疑う症状に悩む方が、より早期に診断され適切な治療を受けられるよう、簡易チェックシートや化膿性汗腺炎を相談できる病院検索などの情報提供を啓発サイト「繰り返す痛いおでき.com」を通じて行っています。
 

opens in a new window http://kurikaesuitaiodeki.com/