日本皮膚科学会炎症性皮膚疾患研究費
(アッヴィ助成)

日本皮膚科学会炎症性皮膚疾患研究費
(アッヴィ助成)

本研究費は、炎症性皮膚疾患の治療を発展させる目的で
公益社団法人日本皮膚科学会と共同で2017年に設立されました。

炎症性皮膚疾患の中には厚生労働省の定める指定難病に指定されている疾患もあり、疫学研究や診断および治療のさらなる進展が望まれるアンメットニーズの高い分野です。基礎研究から臨床研究までの幅広い研究が助成の対象になります。2018年から2022年の5年間、毎年10月下旬から公募を開始し、日本皮膚科学会学会賞等選考委員会の選考により、ひとつの研究テーマが決定します。選ばれた研究テーマには300万円が助成され、受領年度に開催される日本皮膚科学会総会にて授与式が行われます。

詳細はこちらの日本皮膚科学会のページからご覧ください

令和2年度日本皮膚科学会炎症性皮膚疾患研究費
(アッヴィ助成)受領者のご案内

お名前
松下 貴史 (まつした たかし)
ご所属
金沢大学
研究課題
炎症性皮膚疾患における制御性B細胞の役割の解明

令和元年 日本皮膚科学会炎症性皮膚疾患研究費
(アッヴィ助成)受領者のご案内

お名前
大塚 篤司(おおつか あつし)
ご所属
京都大学
研究課題
シュワン細胞の機能に着目した皮膚アレルギー疾患の病態解明

平成30年度の受領者

お名前
本田 哲也(ほんだ てつや)
ご所属
京都大学
研究課題
高脂肪食摂取が好中球性皮膚炎症に及ぼす作用メカニズムの解明

(敬称略)