デュオドーパ

「デュオドーパ® 配合経腸用液」は、レボドパ含有製剤を含む既存の薬物療法で十分な効果が得られないパーキンソン病の症状の日内変動(ウェアリングオフ)に対する治療薬として、2016年9月に上市されました。デュオドーパ®は、専用の小型携帯型注入ポンプ「CADD - Legacy® 1400 ポンプ」を用いて、専用のチューブ「アッヴィ®PEGキット/アッヴィ®Jチューブ」を通し、空腸投与用レボドパ・カルビドパ水和物配合剤を直接空腸に持続投与します。なお、「アッヴィ®NJチューブ」を用いてデュオドーパ®を経鼻的に空腸投与することにより、胃ろう造設の前に効果を確認することができます。

お知らせ文書一覧

2016年9月 デュオドーパ 新発売のお知らせ
2016年7月 デュオドーパ 製造販売承認取得のお知らせ

製品

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。

関連サイト

医療関係者向け

デュオドーパ®の製品情報、治療システムについて、治療導入施設の取り組みや医療連携など、新しい治療法の様々な情報をご提供しています。

詳しくはこちら

患者向け

デュオドーパ®を投与されている、あるいは投与される予定の患者さん、およびそのご家族・介護者の方を対象に、デュオドーパ®を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

詳しくはこちら