柔軟に変化する会社。だからこそ、理想的なキャリアが描けそうです。

Chie N.

[メディカルサイエンスリエゾン(MSL)]
医学統括本部 メディカルフェアーズ免疫疾患領域部
皮膚科領域チーム

大学院卒業後、国内大手製薬会社の研究所に就職。創薬研究に打ち込んだのち、外資系製薬会社へ転職し、非臨床薬理業務に従事。免疫疾患に対する薬効薬理に関する知識を更に深める中、もっと医療現場に貢献したいとの想いから、2016年にアッヴィ合同会社へ転職を果たす。現在、MSLとして、数多くの医師に対し医学・科学的情報の提供を行い、全国各地を飛び回る多忙な日々を送る。

アッヴィへの入社を決めた理由を教えてください。

一番は、より医療現場の近くで自身の介在価値を感じたいという想いが強くなったからです。これまで、創薬研究や薬理評価などの業務を通じて、今の仕事に関連する基礎知識を身に付けることができました。経験を重ねていくうちに、医師と会社の橋渡しをする仕事に興味を持ち、科学的なコミュニケーションの役割を担うMSLを志望しました。免疫領域に関わることが希望でした。

アッヴィのほか数社の面接を受けましたが、雰囲気が一番良さそうと思えたのがアッヴィでした。面接官の方をはじめ、非常にポジティブな言動の方が多くて。やはり若い会社ということが大きいのかもしれませんが、「自分たちがこの会社を創る」という意識を持っている方が多い。そんな風土に思えたのです。

アッヴィの風土の良さは、どんなところで感じますか?

入社前に感じていた通りですが、社内の雰囲気として、良い意味で「固まっていない」と感じています。その理由は、やはり会社として成長著しいからこそではないでしょうか。私が配属となった皮膚科領域チームも新薬の開発や既存薬剤の適応拡大を次々に実現していて、どんどん人員が増え、組織自体が大きくなっています。また他領域においてもパイプラインが豊富で、勢いのある企業なんだと実感します。

会社が成長中で、変化に富んでいるからか、組織の風土は非常に柔軟です。社員一人一人が会社を創る、そんな意識を持っているんだと感じますね。たとえば、社員が働き方などについて意見が出しやすいところもそのあらわれです。実際に、社員の声から在宅勤務や時短制度の適用範囲が拡大されたりしていますし。出産や育児など人生の大きな変化に対峙しても、しっかり仕事を続けられる環境づくりに貢献できるよう、私も機会があれば積極的に意見やアイデアを提案したいと思っています。

MSLという仕事のやりがいについて教えてください。

生物学的製剤を使っている医療施設で働く医師の方とインタラクションを行っていますが、当然、先生方は多忙です。それだけに、私たちMSLが双方にとって意義のあるコミュニケーションを行うことが重要と考えています。有益なディスカッションにつなげられたときは、大きなやりがいを感じます。

重要なのは医師の声にしっかり耳を傾け、何にお困りか、どのような情報を求めているのかを拾い集めること。もちろん私自身の知識量も問われます。最新の学術論文に目を通したり、同分野の他社製品について調べたりと、日々の地道な努力は欠かせません。

限られた時間をいかに有効なコミュニケーションの場にするか。そこが難しくもあり、面白いところです。「あなたと話すと、いつも思考が整理されて助かっています」なんて嬉しい言葉をいただけることもあるんです。そんなとき、自身の介在価値を実感できます。また、医師の向こう側に患者さんを感じられることも、この仕事のやりがいと感じますね。

仕事をする環境として、アッヴィにはどんな魅力がありますか。

当然ですが、セールス要素は一切なく、自社製品を優先して情報提供をしないといけない、ということもありません。中立的な立場で、他社製品の情報提供をすることもあり、先生方が求めている情報を広く提供できます。お話をしている中で、先生が新しいデータを作る必要性を感じていかれることもあります。コンプライアンスに則ったMSLの本来的な役割に集中でき、医学・科学のプロとして、非常にやりがいの持てる環境であると感じます。

入社後は、ロールプレイ研修や先輩社員に同行してのOJTも重要視され、スキルを磨けるので安心感が大きかったです。また、医学統括本部は女性の管理職も多くいらっしゃるので、働く女性も自身のキャリアを描きやすいのでは、と感じます。将来的に産休・育休を取得しても、復帰後はやりがいある仕事に挑戦できるはず。自身の知識と経験を生かして組織に貢献したいと考えているので、リーダーやトレーナーなど後進の育成に関わるマネジメントにもいつか挑戦したいと今は考えています。

※所属と肩書きは2018年取材当時

その他の社員インタビュー