人事本部長からのメッセージ

More Innovation, More Potential.

アッヴィ合同会社は、社員が成長できる文化を基盤として、最先端の科学技術と先進的な取り組みにより患者さんの笑顔に貢献し続けるバイオ医薬品企業を目指しています。

社員と組織が一体となり双方の成長に貢献し合う環境を構築するため、アッヴィ合同会社では、特に次の3つを重要な優先事項として取り組んでいます。

一つ目は、私たちの企業文化をしっかりと醸成し強固なものにするということです。The Ways We Workは、アッヴィ社員がとるべき行動を明確にしたものであり、社員が常に意識をしながら行動していくことでアッヴィの企業文化が醸成されると考えています。

二つ目は、社員一人ひとりの成長へコミットするということです。当社では、常に現状よりも一歩先、一歩上を目標に設定するRaise the Barという仕組みがあり、それが実現できた時は称賛し、成長を実感できる環境を創っています。

三つ目は、社内外の人財から選ばれる会社になるということです。社員が感じているアッヴィの魅力を吸い上げ、コピーとビジュアルを作成しました。社内でもいつも目につくところにアッヴィの魅力を掲示すると同時に、社外の人財に対しても同じ内容を伝えることで、アッヴィを選んでいただきたいと考えています。いつも自社の魅力を実感しながら働けることは、自分の成長に向かって努力する情熱につながっています。

上記の優先事項の前提にあるのは、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の考え方です。アッヴィでは、採用や昇進において、選別や年齢に関わらず、多様な候補者から最も優れた人材を登用しています。また、社員のワークライフマネジメントを支援する制度として、フレックスタイム、在宅勤務、育児・介護休業などの制度を整備し、さまざまなバックグラウンドを持った社員、あるいは異なるライフステージにいる社員一人一人の働きやすさを実現し、創造性を引き出すことで、成長をサポートしています。

アッヴィでは、「成長」が大きなキーワードです。ぜひ、一緒に成長を実感し、患者さんの笑顔に貢献し続ける、組織を共に創っていきましょう。

人事本部長 一柳 達也

アッヴィの社員が行動する上で大切にしていること

  • One AbbVieとして
  • 賢明かつ確実な判断
  • 迅速性と責任感
  • 明確に、そして勇敢に
  • 可能性の実現