日本 - 日本語
各国のアッヴィサイトへ

日本での適応疾患領域

患者さんのニーズが高い領域にフォーカスしたパイプラインを通じて、患者さんがより健康的に生活できるためのお手伝いをしています。


リウマチ性疾患 - Rheumatology

関節リウマチ

主に手や指の関節の腫れや痛み、変形を特徴とする疾患で、国内の患者数はおよそ75万人と推定され、女性に多く、30代・40代で発症のピークを迎えます。関節の障害の進行により手術に至る場合もあり、治療困難とされていた疾患ですが、生物学的製剤の登場により、進行の抑制、劇的な症状の緩和が可能になっています。最近では早期の積極的な治療が、将来の関節破壊を抑えることが解明されています。

強直性脊椎炎

脊椎関節炎の代表的な疾患で、国内では数万人の患者さんがいると考えられ、比較的稀な疾患とされています。首から腰にかけての関節の痛みを中心とした疾患で、脊椎の強直化が進むことで、将来的には竹様脊椎と呼ばれる、脊椎の自由な動きが困難な状態になることがあります。一般には、腰を中心に重い痛みを訴えることが多く、従来は、運動とNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)による痛みの軽減が主な治療法でした。生物学的製剤の登場により、痛みの症状が劇的に改善する症例も報告されるようになっています。

若年性特発性関節炎

16歳以下の小児に発症する原因不明の慢性関節炎と定義され、国内では数万人の患者さんがいると考えられています。以前は若年性関節リウマチと呼ばれていた疾患で、主に全身型、関節型に分類されます。全身型では、発熱、発疹、関節炎が、関節型は持続する関節炎が主な症状です。関節の痛みにより、通常の学校生活を諦めざるを得なくなることもある疾患ですが、生物学的製剤の登場により痛みの緩和、治療による入院・通院の軽減などにより治療環境は大きく変化してきています。


皮膚科領域疾患 - Dermatological Disorders

尋常性乾癬

乾癬とは慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約10万人の患者さんがいると考えられています。なかでも尋常性とは「普通の」「よくある」という意味で、乾癬患者さんの90%近くを占め、主な症状に難治性の皮疹があります。乾癬の皮疹では皮膚に炎症が起きて赤くなり、皮膚の新陳代謝が異常になることで盛り上がり、表面に銀白色の鱗屑(りんせつ)が表れ、それがフケのように剥がれ落ちるようになります。頭皮や爪など人目に付く部分に症状が現れやすいという特徴があり、しばしばQOL(生活の質)に大きな影響を及ぼすことが知られています。

関節症性乾癬

乾癬の皮膚症状に加え、関節の腫れ・痛みを認めます。第一関節(指先から数えて一番目の関節)に症状が現れることが多いですが、脊椎に及ぶこともあります。また、爪が変形して小さなくぼみや凹凸ができることもあります。症状が進行すると関節は変形し、日常生活に支障が現れるので、その前に適切な治療を受けることが重要です。


消化器系疾患 - Gastrointestinal Diseases

クローン病

原因不明の炎症が小腸や大腸、胃や肛門といった消化管全体に起こる病気で、国内では3.5万人程度の患者さんがいます。罹患すると慢性的な下痢や腹痛、 発熱が起こり、体重減少や貧血を引き起こします。この疾患は、良くなったり悪くなったりを繰り返して進行していくに伴い、腸管内の合併症や肛門病変を起こ し、将来的に重症化し、入院や手術が必要になる事も少なくないため、早期に治療を始め、病気を上手にコントロールすることが求められます。

腸管型ベーチェット病

ベーチェット病という慢性再発性の全身性炎症性疾患のうち、腸管に潰瘍病変が併発する疾患で、国内では4,000人程度が罹患していると考えられています。腸の粘膜が傷つくことで慢性的な腹痛や腹部不快感、下痢や下血、時には便秘などが起こります。潰瘍が深くなって腸に穴が開いてしまったり、腸から出血したりすることによって、入院や手術が必要になることもあります。また、内臓病変、神経病変、血管病変、眼病変などを伴うこともあるため、個々の患者さんの病状や重症度に応じて治療方針をたてる必要があります。

潰瘍性大腸炎

原因不明の炎症が直腸から連続的に起こり、大腸の粘膜が傷つき,ただれや潰瘍ができる病気です。国内では14万人程度の患者さんがいます。罹患すると慢性的な下痢・血便・腹痛が起こり、発熱や貧血などがあらわれます。この疾患は、良くなったり悪くなったりを繰り返し、将来的に重症化すると、潰瘍のできる 範囲が広がり入院や手術が必要になるほか、がん化のリスクが高まることがあります。このため、早期に治療を始め、病気を上手にコントロールすることが求められます。


感染症 - Infectious Diseases

RSウイルス感染症

秋から春にかけて流行する乳幼児期にもっとも頻度の高い感染症で、2歳までにほぼ100%が初感染を受けます。ほとんどの成人、年長児では軽症~中等度の上気道炎で終息しますが、乳幼児では重症化することがあり、うち3-4割が下気道炎を発症し、1-3%が重症化して入院治療を必要とします。国内で は年間2~3万人の入院があると推察されています。
特に早産児や慢性肺疾患、先天性心疾患、免疫不全、ダウン症候群を伴う児では重症化しやすいことが知られています。感染後の重症化を防ぐため、重症化しやすい早産児や、呼吸器などに病気を持つ赤ちゃんを対象に注射薬の投与がおこなわれています。

C型慢性肝炎

C型慢性肝炎の原因となるC型肝炎ウイルス(HCV)は、世界で約1億5,000万人、日本では約150~200万人が感染していると言われています。自覚症状が少なく、肝臓に炎症を引き起こす感染症で、やがて肝硬変、肝臓がんへと進行します。国内では肝臓がんの約7割が、C型慢性肝炎が原因です。C型慢性肝炎は適切な治療により、HCVを排除でき、肝硬変や肝がんへの進行を抑えることができます。しかし、HCVを排除できない患者さんも多く、いまだ課題が残る疾患です。

HIV感染症

HIV感染症は、HIV(Human Immunodeficiency Virus:ヒト免疫不全ウイルス)が免疫担当細胞(主にCD4陽性リンパ球)に感染し、免疫系が徐々に破壊されていく進行性の感染症です。HIV感染により免疫力低下を呈し、特定の23疾患(カンジダ症、ニューモシスティス肺炎など)を発症した場合を、AIDS(Acquired Immunodeficiency Syndrome:後天性免疫不全症候群)と言います。国内では2014年末時点で、HIV感染者16,903件、AIDS患者7,658件の計24,561件が報告されています。HIVの主な感染経路は、性的感染・血液感染・母子感染の3つに限られています。HIV治療薬は様々なものが開発され、原則として多剤併用 療法(Anti-Retroviral Therapy:ART)にて治療が行われています。


ニューロサイエンス - Neuroscience

社交不安症(SAD)

社交不安症(SAD)とは、社交状況や人前で何かをする状況におかれたり、自分がおかれることを想像するときに過度の不安や緊張を生じ、それらの状況を避けようとするあまり日常生活に支障をきたしてしまう疾患で、不安症の一つに分類されています。社交不安症の12ヵ月有病率は約7%と推定されてお り、典型的な発症年齢は10歳代半ばと低いため、多くの患者さんが長く苦しみ、その間、多くの社会的不利益を被っていると考えられています。また、社交不安の症状が自分の性格の問題であるととらえる患者さんが多い事も特徴とされています。薬物療法の第一選択薬となるのは、抗うつ薬の一種である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。

※SADとは、“Social Anxiety Disorder”の略称

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(OCD)は、決まった行動を繰り返すのが特徴です。くり返しの行動は「強迫行為」と呼ばれ、「強迫観念」がもとになっています。いったん強迫観念がわき上がってくると、不安や不快感に耐えられず、それを払拭したり中和したりするために、同じ行動を繰り返します。強迫障害は、有病率は低い (1~2%)ものの、患者さん本人だけでなくその家族など周辺者のQOLをも低下させるため、寛解を目指すことのできる治療戦略が重要です。

※OCDとは、“Obsessive-Compulsive Disorder”の略称

うつ病

うつ病の基本症状は、「気分が落ち込む、気がめいる、物悲しい」といった「抑うつ気分」です。また、あらゆることへの関心や興味がなくなり、なにをするのも億劫になります。知的活動能力が減退し、家事や仕事も進まなくなります。うつ病の生涯有病率は10~15%です。一生のうち、6人に1人がかかる病気で、女性のほうが男性の約2倍かかりやすいことがわかっています。うつ病の治療に用いられる抗うつ薬には、選択的セロトニン再取り込阻害薬(SSRI)など、さまざまな種類があります。

パーキンソン病

パーキンソン病は、神経伝達物質のひとつであるドパミンが不足することで情報伝達がうまくいかなくなり、振戦、筋固縮、動作緩慢および平衡障害等の運動障害が生じる病気です。50 ~ 60 歳代で発症することが多く、日本での患者さんの数は約15 万~ 18 万人と推定されています。現在、パーキンソン病の根治的治療法はなく対症療法が中心ですが、薬物療法により症状が軽減でき、今まで同様の生活を送ることが可能です。レボドパの登場以後、生命予後は改善され死亡率も一般の方と変わりませんが、病状が進むと、薬の効き方に変動が生じ、ジスキネジア(不随意運動)やウェアリングオフ(薬の効果が途切れる時間帯に出る症状)が現れることがあります。

注意事項 必ずお読みください

ここでは、医療関係者の方々を対象として、アッヴィ合同会社の製品(医療用医薬品等)を適正にご使用いただくために情報を提供しています。 ここで提供している情報は、患者様・一般の方々に対する情報提供を目的としたものではありません。 医療用医薬品は、患者様独自の判断で服用(使用)を中止したり用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医療用医薬品に関して疑問を持った場合には、治療に当たられている医師・歯科医師または調剤した薬剤師の方々に必ずご相談ください。 記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療用医薬品、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。 もし日本以外の地域にお住まいの場合は、居住されている国のAbbVieサイトをご確認いただくか、AbbVieの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。
ご覧になられているAbbvieサイトは、ご使用になられているスクリーンサイズで適切に表示できないことがあります。
あなたは医療関係者ですか?

退出する abbvie.co.jp

あなたが、ご覧になられるAbbVieインターネットサイトは、特定の国や国々に居住されている方々向けに作成されています。その為、本サイトでは 一部の医薬品、製品、製品の使用法において、その他の国で承認されていない内容が含まれることがあります。もし、居住されている国が、本サイトの対象と なっている特定の国でない場合は、お手数ですが正しい製品情報等、居住国のAbbVieまでお問い合わせください。

ご覧になられているAbbvieのインターネットサイトは、ご使用になられている言語と違う言語で表示されている可能性があります。

ご覧になられているAbbVieのインターネットサイトは、ご使用になられているスクリーンサイズで表示できないことがあります。

このまま、AbbVieのサイトをご覧になられますか。

終了 abbvie.co.jp

注意

”はい”を押されましたら、Abbvieのサイトから移動します。

Abbvieの世界サイトから移動するリンク先 は、Abbvieの管理下にありません。その為、それらリンク先の内容及び、リンク先サイトからのさらなるリンクに関しての責任を有しません。 Abbvieは、それらリンクの掲載を皆様の利便性の提供のために行っているものであり、これらリンク先をAbbvieとして保証するものではありませ ん。

ご覧になられているインターネットサイトは、ご使用になられているスクリーンサイズで表示できないことがあります。

本サイトから移動しますか。

利用規約 abbvie.co.jp

ご利用に際しては、下記規約への同意が必要となります。
内容をご確認の上、「同意する」をクリックしてください。

1. 目的
私 達は、当社の活動において医療機関等との関わりは患者様に価値をもたらすと信じており、金銭等が提供される場合には特にその透明性を確保することが重要と 考えています。その為、日本製薬工業協会の透明性ガイドラインに基づき医療機関等との関わりを開示することにより、当社の企業活動が誠実に、及び高い倫理 性を担保した上で行われていることを示すことを目的としています。

2. 禁止行為
本サイトの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
• 提供情報の一部又は全部を加工、複製、複写、転写、送信、転載、配布、頒布等の行為。
• 医療機関及び医療担当者等又は当社の財産、信用、名誉もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
• 医療機関及び医療担当者等もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。
• 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
• 法令に違反する、または違反のおそれのある行為。

3. プライバシー及び個人情報
当社のプライバシーポリシーに従って適切に取扱います。

4. その他
• 提供している情報は、掲載後に変更が生じることがありますので、予めご了承ください。
• 本サイト及び情報等の利用によって発生する直接または間接の損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません。